柳リハ 教務室

 >  > 作業療法学科の評価実習報告

2011年3月25日 10:22

作業療法学科の評価実習報告

作業療法学科の昼間部2年生と夜間部3年生が評価実習に行ってきま
したので、その感想などを聞きました。

まずは、昼間部代表のKさん(川棚高校出身)です。
P1050759.JPG
1.評価実習で行った病院は?
 身体障害分野の急性期の病院です。

2.評価実習の思い出は?
 今回は、3週間という期間、実習に行ってきました。
 実習が大変だということは聞いていましたが、その通りでした。
 私の行った病院の近くは実習病院が少なく、友達が近くにいない
 ということで、最初はすごく寂しかったです。
 でも、実習が始まると、寂しいのも忘れるくらい毎日が忙しく、
 レポート作成のためにあまり睡眠時間もとれずに、今思うとあっ
 という間に3週間が過ぎていったかなと思います。
 今回は、急性期の病院だったこともあり、患者さんが1日1日回復
 していく姿や患者さん自身が回復して喜んでいる笑顔を見ること
 ができ、私は改めて作業療法士になりたいと強く思いました。

3.今後の抱負や目標は?
 知識や技術を深めて、信頼される作業療法士になりたいです。

続いて、夜間部代表のM君(れいめい高校出身)です。
P1050742.JPG
1.評価実習で行った病院は?
 精神障害分野の病院です。

2.評価実習の思い出は?
 緊張と不安の中、評価実習に臨みましたが、作業療法士の先生
 や病院スタッフの方々の丁寧なご指導のおかげで有意義な時間
 を過ごすことができました。
 また、実際に患者さんと接することで、これまで授業で学んだ
 ことの理解を深めることができ、作業療法士の役割や責任を再
 確認することが出来ました。

3.今後の抱負や目標は?
 患者さんの視点に立ち、心身の状態を正確に把握して、より効
 果的なリハビリテーションを実施できるような知識・技術を身
 につけたいと思います。
 そして、笑顔と安心感を提供でき、患者さんに必要とされる思
 いやりのある作業療法士になれるように努力したいと思います。

以上が、昼間部と夜間部の代表者の感想です。
それぞれ、評価実習の課題レポートの作成には苦労したようです
が、とても良い経験となったようです。
いよいよ4月から最終学年となります。最後の仕上げとしての臨床
実習や国家試験に向けての勉強が待っています。
それぞれの目標に向かって頑張ってください。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ