柳リハ 教務室

 >  > 作業療法学科2年生の「太陽の家」研修

2011年7月29日 10:14

作業療法学科2年生の「太陽の家」研修

先日、作業療法学科2年生が、職業関連技術学という授業の一環として
太陽の家別府本部へ研修に行ってきました。

職業関連技術学という授業は、
働きたいと希望する障がい者の方々が、実際に働けるようになるために
作業療法士の治療技術を駆使して治療・訓練を行うことと、適切な支援
が得られるように障害者雇用促進法で定められた制度や施設を理解する
ことを目的とした授業です。

社会福祉法人太陽の家とは、
理念として、No Charity but a Chance!
      ~人間としての尊厳が保たれる社会の実現~
基本方針として、
     ・障がい者に働く機会を提供します。
     ・自立生活ができるよう支援します。
     ・地域と国際社会に貢献します。
     ・社会のルールを遵守します。
を掲げ、障がい者が働き、生活をする施設となっています。

今回、作業療法学科2年生の見学では、障がい者の方たちが働く場を中心
に見学させていただきました。
RIMG2308.JPG

RIMG2309.JPG
上の写真は、太陽の家の歴史資料館での見学の様子です。

また、太陽の家は、障がい者スポーツでも有名なため、
RIMG2301.JPG

RIMG2302.JPG
卓球バレーや

RIMG2306.JPG
ボッチャなどを、利用者の方々に直接教えていただきました。

細かなルールがある中、限られた時間のため代表的なファールのみ教えて
いただきました。
でも、思った以上に様々なファールがあり、障がい者スポーツを体験する
中でついつい熱くなった学生がファールする場面も見られました。

学院の授業の中で学んだ「特例子会社制度」などを実際に見学する中で、
障がい者の方々が働く現状を見て学ぶことが出来ました。
また、障がい者スポーツを実際に体験する中で、ルールの中にある様々な
工夫を知り、その楽しさも知ることが出来て、今後の参考になったことと
思います。

ご協力いただきました職員や利用者の皆様、丁寧にご指導いただきまして
本当にありがとうございました。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ