柳リハ 教務室

 >  > 作業療法学科1年生の障害体験

2013年10月17日 08:40

作業療法学科1年生の障害体験

作業療法学科の1年生が、授業の中で障害体験を実施しました。
障害体験は、障害を模擬的に体験することを通して、相手の立場に立ってリハビリテーションを考えることができるようになることを目的に行っています。
今回の障害体験では、片麻痺、松葉杖、視覚障害、車椅子の操作、高齢者について体験しました。
普段は、何気なく歩いている学院内や学院の周辺を様々な障害を想定して移動してみました。
yanagawaocblog2013101301.jpg
高齢者体験では、高齢者キットを着用し、背中は円背にし、視野や手の感覚をさえぎり、
両手両足には重りをつけています。
着用後は動こうとしても関節が動きにくく、視界も悪く苦労していました。
yanagawaocblog2013101202.jpg
yanagawaocblog2013101203.jpg
視覚障害や車椅子の操作の体験では私たちがいつも歩いている道を歩いてもらいました。
私たちが、普段何気なく行っていることが難しく不便を感じます。
介助をする人が一緒にいてもちょっとした動作に驚いたり、恐怖心を感じたりしました。
yanagawaotblog2013101504.jpg
片麻痺の体験では、片腕を弾力包帯で動かないようにして、足はかかとがつかないように小さな風船を張り付けています。風船を割らないように歩くのが結構大変です。
今回、様々な障害体験を行う中で、改めて生活することの大変さを感じていたようです。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ