柳リハ 教務室

 >  > 7/23 言語聴覚学科2年生 「子どもとの遊び方」特別講義

2014年7月28日 08:53

7/23 言語聴覚学科2年生 「子どもとの遊び方」特別講義

言語聴覚学科2年生の小児言語発達障害学Ⅰの特別授業として、大川市子育て支援センターの保育士(山口雅子先生)を講師に招き、小児療育演習の実技指導をしていただきました。
小児分野で活躍する言語聴覚士は、子どもの気持ちによりそって関わることが必要です。
今回は、子どもへのかかわり方の基礎を学ぶことを目的に特別授業を行いました。
山口雅子先生は、大川市の発達教室の保育リーダーもされていて、講義では発達教室の親子遊びのプログラムにそって、実技演習をおこないました。
fukuokastblog201407250201.jpg
まず、導入として大布をつかった遊びを楽しみ、次にわらべうたによる親子遊びの実技を行いました。
fukuokastblog201407250202.jpgfukuokastblog201407250203.jpg
次に、音楽リズム遊びの実技と絵本の読み聞かせの実技を行いました。
fukuokastblog201407250204.jpgfukuokastblog201407250205.jpg
fukuokastblog201407250206.jpgfukuokastblog201407250207.jpg
最後に、課題遊びとして小豆を使った、感覚遊びをグループごとに実践し、お互いに評価しあいました。
fukuokastblog201407250208.jpgfukuokastblog201407250209.jpg
参加した学生の感想を紹介します。
「子どもと遊ぶとき、安全面や平等になるように考慮した結果、ついつい指示的になってしまいますが、今日の講義を受けて、子どもの自発性を誘導する具体的な方法を知ることができてよかったです。また、他のグループが『遊び』を考え、実際に行っている場面を客観的に評価することで、自分の中でのアイデアが拡げられました。私は小児分野の言語聴覚士に興味があるので、わらべ歌ももっと知ろうと思いました」(2年生 寺田優香)
このように、学生にとっては大変刺激になった講義となりました。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ