柳リハ 教務室

 >  > 2/18 言語聴覚学科2年生 訓練の教材を作りました

2015年2月18日 14:00

2/18 言語聴覚学科2年生 訓練の教材を作りました

言語聴覚学科2年生は、1月に「小児言語障害学総論Ⅰ(基礎)」という授業で子どもに合わせた訓練教材の作成を行いました。
 学生は講師の椋本先生をはじめ、福岡県内の施設で活躍されている言語聴覚士・作業療法士の先生方の指導をいただきながら、訓練の教材づくりに挑みました。
yanagawastblog2015021801.jpg
まずは、先生からの情報をもとに、学生は先生のアドバイスをいただきながら「どのような教材にするか」を話し合いました。
yanagawastblog2015021802.jpg
話し合いが終わりしだい、教材作成に取りかかりました。
この写真は、ラミネートした絵をサイズに合わせて切っているところです。角を丸めるなど、子どもがケガをしないように配慮しながら切っています。
yanagawastblog2015021803.jpg
このグループは「洗濯物を干してほしい」という情報をもとに、洗濯物を干す練習をするための訓練教材を作成しました。洗濯はさみで挟みやすいように薄い発砲スチロールを用いたり、挟む所を分かりやすいように洗濯はさみの先に色を付けるなど、いろいろな工夫をしていました。

他にも、いろいろな教材を作成しましたので、いくつか紹介します。
yanagawastblog2015021804.jpg
草取りの練習のための教材です。草を取るときに本物に近い抵抗があるように工夫をしました。
yanagawastblog2015021805.jpg
同じ文字を見つける「文字のマッチング課題」用の教材です。この教材はカタカナ用で、子どもが好きなトーマスの仲間や妖怪ウオッチのキャラクターなどを選びました。

今回、ご指導に来ていただいた先生方の1人に、言語聴覚学科の卒業生の柴尾りこさんがいました。
yanagawastblog2015021806.jpg
柴尾さんは平成26年3月に卒業しました。柴尾さんも学生時代に同じように訓練教材を作成した経験があり、その時の「楽しかった」という気持ちを、在校生にも伝えたいという思いで、今回は指導する立場として参加してくれました。
学生に指導している姿は、1年目とは思えないほど堂々としていました。


福岡県初の私立のリハビリテーション養成校 専門学校柳川リハビリテーション学院
(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ