柳リハ 教務室

 >  > 5/30 作業療法学科2年生 授業風景「住環境整備論」

2015年6月 2日 10:41

5/30 作業療法学科2年生 授業風景「住環境整備論」

作業療法学科2年次の「住環境整備論」の授業では、高齢者や障がい者にとって生活しやすい住環境整備の方法および制度について学びます。その一環として、「佐賀県在宅生活サポートセンター」へ見学に行き、加齢や障害による生活の不便さや介護負担を軽減するための福祉用具やバリアフリーの実際について、見て・触れて・体験することを通して理解を深めてきました。

まずは、センターの概要及び住環境整備についての講義(写真)を受けました。次に福祉用具の説明を受けて、実際に操作方法を体験しました。体験したことを以下にいくつか紹介します。

yanagawablogjyukannkyo20150601.jpg

浴槽内昇降機(写真)は、椅子座位のまま座面が乗降することで、浴槽への出入りをサポートします。体験してみて、確かに浴槽への出入りは楽ですが、肩まで湯につかれないなどの問題点にも気づくことができました。

yanagawablogjyukannkyo20150602.jpg

特殊寝台(介助用ベッド)の操作方法(写真)について学びました。背もたれ機能のみでからだを起こすと、身体が足の方にずれて、腰部や背部が圧迫されてきます。使い方によっては腰痛などからだを痛める可能性があることを学びました。

yanagawablogjyukannkyo20150603.jpg

スライディングマット(写真2点)は、からだとマットレスなどの間にスライディングマットを敷いてからだを滑らせることで移動を容易にさせます。介護する際の力の方向および量にコツが必要でした。

yanagawablogjyukannkyo20150604.jpg

(スライディングマット1)

yanagawablogjyukannkyo20150605.jpg

(スライディングマット2)

電動車いす(写真)は、回転半径が大きいため狭い場所での運転では、とても注意が必要でした。

yanagawablogjyukannkyo20150606.jpg

体験を通し、学生は楽しみながら利用者側および介護者側の視点で住環境整備のポイントを学ぶ機会となりました。
 

次回のオープンキャンパスは!
6月13日(土)13:00~16:00(受付12:30~)
特別企画:学科別体験講座

オープンキャンパスの申し込みはコチラ

資料請求の申し込みはコチラ

福岡県初の私立のリハビリテーション養成校 専門学校柳川リハビリテーション学院

                                                     (作業療法士・理学療法士・言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ