柳リハ 教務室

 >  > 作業療法学科2年生 「太陽の家」 研修

2015年8月26日 09:38

作業療法学科2年生 「太陽の家」 研修

6月26日、作業療法学科2年生が職業関連技術学という授業の一環として「太陽の家別府本部」へ研修に行きました。遅ればせながらになりますが報告します!

社会福祉法人「太陽の家」の理念は、No Charity but a Chance!~人間としての尊厳が保たれる社会の実現~です。「太陽の家」は、障がい者が働き、生活する施設となっています。

まず初めに「太陽の家」の歴史や役割について映像等もまじえて学んだ後、障がい者の方々が働く場を中心に見学させていただきました。

20150819ottaiyounoie01.jpg

20150819ottaiyounoie02.jpg

また、「太陽の家」は、障がい者スポーツでも有名です。卓球バレーやボッチャというボウリングに似た競技などを教えていただき、実際に体験しました。みんな表情がいいですね!

ご協力いただきました職員や利用者の皆様、ほんとうにありがとうございました!

20150819ottaiyounoie03.jpg

20150819ottaiyounoie04.jpg

「太陽の家」見学後は、当学院が属する国際医療福祉大学・高邦会グループの研修施設“湯布院セミナーハウス”に移動しました。夕食はみんなで鍋を囲み、その後は明日の発表の準備をしたり、食堂でお茶を飲みながら語りあったり・・・。夜は更けていきました。

翌日は、見学時に勉強したことも踏まえて、グループ学習の成果を発表しました。発表のテーマは、(1)パラリンピックの歴史と競技種目について、(2)卓球バレーのルールと意義について、(3)ボッチャのルールと意義について、(4)中村裕先生について※医師で太陽の家創設者。障害者の自立や障害者スポーツの分野で数々の功績を遺した。(5)太陽の家の機能(役割)について、(6)日本の障がい者雇用の現状について、(7)障害者就業・生活支援センターについて、(8)障がい者が働くことの意義について、でした。

写真は、「太陽の家」でも体験した「(2)卓球バレーについて」の発表です。このグループは実演を交えてわかりやすく説明していました。また、発表後は質疑応答の時間があり、こちらもがんばって答えていました。

20150819ottaiyounoie05.jpg

他のグループも工夫がみられ、よい発表会だったと思います。学生のみなさん、今回の研修で経験したこと学んだことを、今後の勉強や臨床につなげられるよう頑張っていきましょう!

【オープンキャンパス参加希望の方】

オープンキャンパスの申し込みはコチラ

【資料請求希望の方】

資料請求の申し込みはコチラ

 福岡県初の私立のリハビリテーション養成校 専門学校柳川リハビリテーション学院

                                                 (作業療法士・理学療法士・言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/01
ボランティアに参加しました
2016/02/16
2/13 オープンキャンパスの様子
2016/01/29
作業療法学科2年生 OSCE(客観的臨床能力試験)実施
2016/01/13
理学療法学科2年生 車椅子バスケ体験
2016/01/07
作業療法学科2年生 研究発表会を行いました
2015/12/15
作業療法学科2年生(スプリントを製作しました)
2015/12/09
作業療法学科で入学前教育が行われました
2015/12/07
理学療法学科(医療面接演習)
2015/11/27
理学療法学科(理学療法評価演習)
2015/11/25
理学療法学科(柳川市よかもん祭り&クラスマッチ)

>> もっと見る

アーカイブ