作業療法学科

 >  >  作業療法学科

作業療法学科

作業療法士とは

作業療法とは、体や心に障害を持った方たちが、社会の中で自立した生活ができるように援助するリハビリテーションの一分野です。理学療法が基本的な機能の回復を援助するのに対して、作業療法は日常生活の応用動作や創作的な活動、余暇活動、職業的な活動などを用いて幅広い支援を行っていきます。その活動の分野は、病院や身体障害者施設、発達障害に関係する施設(小児分野)、介護老人保健施設、精神科の病院および地域での生活支援(デイケア施設)など医療福祉の幅広い領域に広がっています。

▲Top

国家試験合格率

国家試験合格率

▲Top

学科の特長

恵まれた環境の中で、心豊かな作業療法士を目指す

当学院は、隣接する関連施設が多く、身近に働く作業療法士と接する機会がたくさんあります。1年次での早期臨床見学や2年次での評価学演習などでは、臨床現場と連携した体験講義を行っています。また、関連施設の作業療法士が、当学院の講義の一部を担当する中で、最新の治療技術を学ぶこともできます。もちろん、ベテランの教員が、学生の皆さんの勉強面から悩みまで、幅広い相談や指導も丁寧に行っています。
この恵まれた環境は、将来どのように患者さんと接するのかというプロフェッショナルとしての姿をイメージしやすく、この中で、自らの知識と技術を磨くと共に、患者さんに寄り添う優しさや治療する責任感などを含めた心も磨いていきます。

世界作業療法士連盟 認定校

▲Top

年間スケジュール

スケジュール

学習の流れ

1年次

作業療法士の仕事に対する理解を深めると共に、専門基礎分野を中心とした医学的な基礎知識を身につけることを目指します。
基礎分野の心理学やボランティア論などにより人への興味を持ち、専門基礎分野の解剖学、生理学、運動学などにより医学の基礎を、そして専門分野の作業療法概論などにより作業療法の役割について学びます。

2年次

作業療法士の専門性や独自性についての知識を深めると共に、関連施設と連携しながら評価や治療の技術を高める事を目指します。
専門基礎分野の神経内科学、精神医学などにより病気への理解を深め、専門分野の作業療法治療学で各分野の評価や治療技術を学び、評価実習により臨床能力を高めます。

3年次

作業療法士として必要な臨床能力を高めるため、対象者の気持ちに共感出来る「心」と対象者の状況を正しく把握する「知識」と対象者の回復を促す「技術」の向上を目指します。
専門分野の臨床実習の中で、1・2年次に学習した知識や技術を活用して総合的な臨床経験を積み重ねて臨床能力を高めます。

▲Top

カリキュラム

教育内容 1 年 2 年 3 年
単位数 時間数 単位数 時間数 単位数 時間数
基 礎 分 野
科学的思考の基盤・人間と生活
心理学 2 30        
人間学         2 30
コミュニケーション概論 1 15        
ボランティア論 1 15        
生物学 2 30        
保健医療統計学 2 30        
健康科学実践 2 60        
英語 2 30        
専 門 基 礎 分 野
人体の構造と機能及び心身の発達
解剖学 2 60        
解剖学演習     2 60    
生理学 2 60        
運動生理学 1 15        
運動学 2 60        
運動学演習 2 60        
人間発達学 1 30        
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
病理学 1 30        
臨床心理学概論 1 30        
公衆衛生学 1 30        
内科学     1 30    
整形外科学     2 60    
神経内科学     2 60    
精神医学     2 60    
小児科学 1 30        
老年学 1 30        
保健医療福祉とリハビリテーションの理念
リハビリテーション概論 1 15        
医療関連法規         1 15
専 門 分 野
基礎作業療法学
作業療法概論 2 60        
作業工程技術学・基礎論 1 30        
作業工程技術学・応用論 1 30        
作業応用論 1 30        
研究法演習     1 30    
作業療法評価学
作業療法評価学概論 1 30        
作業療法評価学各論I     2 60    
作業療法評価学各論II     2 60    
作業療法治療学
作業分析学 1 30        
中枢神経疾患作業療法学I     1 30    
中枢神経疾患作業療法学II     1 30    
運動器疾患作業療法学     1 30    
内科系疾患作業療法学     1 30    
精神障害作業療法学I     2 60    
精神障害作業療法学II     1 30    
発達障害作業療法学I     2 60    
発達障害作業療法学II     1 30    
老年期障害作業療法学 1 30        
認知障害作業療法学     1 30    
作業療法適用学         1 30
義肢・装具学     2 60    
装具・副子適用論     1 30    
生活技術学I     1 30    
生活技術学II     1 30    
職業関連技術学     1 30    
地域作業療法学
地域生活作業療法論 1 30        
地域生活支援演習 2 60        
自助具・福祉機器適用論     1 30    
住環境整備論     1 30    
臨床実習
評価実習     3 135    
臨床実習         18 810

▲Top

国家試験に向けての取り組み

1年次・2年次

1年次より、国家試験の概要や出題範囲などを学び、今学習している講義内容の重要性を把握しながら学習意欲を高めていきます。また、2年次には毎月1回の実力テストを実施しながら、基礎固めをしっかりと行っていきます。そして、学生個々の特性に応じて、より高度な知識・技術の修得ができるように、経験豊富な教員がサポートします。

3年次

国家試験担当教員を中心に、国家試験対策の特別講義や模擬試験を実施しています。模擬試験は、学内模試と業者の模試を合わせて約20回実施しています。その中で、学生個々が得意・不得意な分野を分析し、効率的な学習計画が立案できるようにサポートしています。また、昨年は、福岡国際医療福祉学院とも協力し、国家試験対策合宿も実施しました。

▲Top

卒業生の声

作業療法士
既卒者
作業療法士になるまで
  • 4年制大学卒業
  • 一級建築士取得
  • 建築会社に勤務、退職
  • 専門学校柳川リハビリテーション学院 作業療法学科 入学、卒業
  • 作業療法士として、医療法人社団高邦会 おおかわ訪問看護ステーション勤務

出身が北海道札幌市なのですが、大学卒業後は、一級建築士として、建築会社に勤務していました。仕事はやりがいはありましたが、デスクワークで、図面の検査や確認申請といった法律に関する業務を中心に行う神経を使う仕事でした。ちょうどその頃、建築士の詐称が事件になったころから、職場がより利益を求めるようになり、自分としては「もっと人間味あふれる仕事をしたい」、「社会の困った人のために役に立ちたい」という気持ちが強くなりました。

看護師で柳川出身の妻から、作業療法士は仕事の幅も広く、また精神分野にも取り組めるということを聞き大変興味を持ちました。転職は不安でしたが、超高齢社会となった日本では、作業療法士は安定した仕事であると思い入学に踏み切りました。

既卒者 在学中は、社会人経験者で、自分より年上の学生もいましたので心強かったです。特に臨床実習は大変きつかったのですが、皆で励ましあいながら頑張って乗り切りました。経済的には奨学金を利用しました。

病院勤務を経て今は念願の訪問リハを担当しています。利用者さんの自宅を訪れて、リハビリを行うというものです。少しでも長く家で過ごしたい、そんな思いを抱える高齢者にとって、在宅でのリハビリは最後の砦です。その希望を叶えるために頑張っています。患者さんと接することで、多くを学べることもこの仕事の大きな魅力の一つです。

▲Top

就職実績&データ

就職率 (新卒のみ)

平成2年開校以来、就職希望者の就職率は100

卒業生の主な就職先

【福岡県】
医療法人けんこう 兼行病院、医療法人社団筑水会 筑水会病院、医療法人白壽会 安本病院、医療法人聖峰会 田主丸中央病院、医療法人柳育会 八女リハビリ病院、医療法人社団慶仁会 川﨑病院、医療法人社団高邦会 高木病院、医療法人社団高邦会 柳川リハビリテーション病院、社会医療法人財団池友会 新水巻病院、社会福祉法人慈久福祉会障がい者支援施設 慈久園、福岡県済生会大牟田病院
【佐賀県】
医療法人啓心会 啓心会病院、医療法人社団敬愛会 佐賀記念病院、社会福祉法人清水福祉会 老人保健施設 蛍水会
【長崎県】
医療法人ウイング 高城病院、社会福祉法人せいひ会 介護老人保健施設 元亀の里
【熊本県】
荒尾市民病院、医療法人征栄会 介護老人保健施設 山鹿リハビリセンター
【山口県】
独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター

▲Top

おすすめ授業紹介

作業工程技術学
(作業活動の治療効果を学ぶ)

ph作業療法において治療に用いるさまざまな作業活動(陶芸、革細工、マクラメなど)の作り方を学びます。この授業の中で、患者さんへの作業活動の指導方法や作業活動に含まれる治療効果について実技を通して考えていきます。

作業療法概論
(作業療法の基礎を学ぶ)

ph作業療法の歴史や基礎理論を学ぶと共に、実際の体験(高齢者体験、片麻痺体験、車椅子体験など)を通して、患者さんが日常生活の中でどのような事に困っているのかを考えます。また、この体験は、患者さんの気持ちに共感するための大切な気付きとなります。


作業療法評価学概論

phメジャーを用いて、形態測定(身体部位の形や大きさ、長さ、容積などを測定し、数値で表すこと)の演習を行います。身体・筋の発育状態・栄養状態を把握し、治療の効果判定に役立てます。

演習
(学内で学んだ知識・技術の仕上げ)

ph2年次後期になると、授業の一環として関連施設に行き患者さんと接しながら、今まで学内で学んだ知識・技術を高めるための演習を行います。関連施設の臨床場面が学びの場となっています。これが、近隣に関連施設を持つ本学院の特長の一つです。