理学療法学科

 >  >  理学療法学科

理学療法学科

理学療法士とは

理学療法とは、病気、ケガ、高齢化などから障害を持つ人に対して、起きる、立つ、歩くといった基本動作の障害、筋力や持久力の低下、手足や関節の痛みなどを改善し、健康な状態に回復させることをいいます。このような業務に関わる理学療法士は、病院などの医療機関のみならず、健康増進を目的とした保健分野、在宅訪問などの福祉分野など多岐にわたる場において、対象となる方々が生き生きと日常を過ごせるようにサポートする役割を担っています。

▲Top

国家試験合格率

国家試験合格率

▲Top

学科の特長

恵まれた環境と経験豊かな教員陣が最大の特長

理学療法学科では、隣接している柳川リハビリテーション病院をはじめ関連施設と協力しながら、臨床現場での体験を早期から実施しています。また教員も隣接施設で臨床活動を行っており、最新の情報・技術を学生へ提供しています。また授業で得た知識や技術が、臨床の場で十分発揮できるよう、問題思考型学習や客観的臨床能力試験などをカリキュラムに取り入れ、臨床能力の向上を図っています。このような恵まれた環境と、経験豊かな教員陣が当学科の最大の特長です。さらに担任・副担任制を導入していますので、学習面はもちろんのこと、学生生活の相談、就職まできめ細かな支援が可能となっています。

▲Top

年間スケジュール

スケジュール

学習の流れ

1年次

理学療法を実践する上で必要となる解剖学、生理学、運動学などの基礎医学についての知識を身につけます。特に、骨・筋については関連科目により理解を深めます。老人理学療法学では学外実習を行い、体験を通し障害について学びます。専門分野の理学療法評価学まで学習をすすめます。

2年次

臨床医学、専門分野へと学習を進め専門職としての知識・技術の向上を図ります。理学療法評価学、治療学のすべての科目を習得した後、3週間の評価実習を行います。実習では患者様に対し実際に評価を行い、問題点の提示と目標の設定を行い、治療方針を検討できることを目標とします。

3年次

3年次には、18週間の臨床実習を行います。実習では実習指導者の指導を受けながら、対象者の評価、治療方針の立案、具体的治療の実施などの一貫した理学療法の習得を目指します。また理学療法特論では国家試験に向けた対策を徹底して行います。

▲Top

カリキュラム

教育内容 1 年 2 年 3 年
単位数 時間数 単位数 時間数 単位数 時間数
基 礎 分 野
科学的思考の基盤・人間と生活
心理学 2 30        
生物学 2 30        
物理学 2 30        
保健医療統計学 2 30        
バイオメカニクス 2 30        
健康科学実践 2 60        
英語 2 30        
コミュニケーション論 2 60        
専 門 基 礎 分 野
人体の構造と機能及び心身の発達
解剖学I 2 60        
解剖学II 2 60        
人体構造機能学 1 30        
解剖学演習 1 30        
生理学I 2 60        
生理学II 1 30        
運動生理学 1 15        
運動学 1 30        
運動学演習     1 30    
人間発達学 1 30        
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
病理学 1 30        
臨床心理学概論 1 30        
公衆衛生学 1 30        
内科学     1 30    
整形外科学     2 60    
神経内科学     2 60    
精神医学     2 60    
小児科学 1 30        
老年学 1 30        
保健医療福祉とリハビリテーションの理念
リハビリテーション概論 1 15        
医療関連法規         1 15
専 門 分 野
基礎理学療法学
理学療法概論 1 30        
スポーツ傷害学     1 30    
動作分析学     1 30    
理学療法プロセス     1 30    
理学療法研究法         2 60
理学療法評価学
評価学概論 1 30        
理学療法診断学I 2 30        
理学療法診断学II     2 60    
理学療法治療学
理学療法特論         1 30
理学療法実践     1 30    
運動療法学     2 60    
物理療法学     2 60    
生活技術学     1 30    
義肢・装具学     2 60    
義肢・装具学演習     1 30    
神経系理学療法学I     2 60    
神経系理学療法学II     1 30    
運動系理学療法学I     2 60    
運動系理学療法学II     2 60    
循環器系理学療法学     1 30    
呼吸器系理学療法学     1 30    
小児理学療法学     1 30    
地域理学療法学
生活環境学     1 30    
地域理学療法学     1 30    
老人理学療法学 1 30        
福祉援助
工学概論
    1 30    
臨床実習
評価実習     3 135    
臨床実習         16 720

▲Top

国家試験に向けての取り組み

1年次

 国家試験合格には1年次から履修する解剖学、生理学、運動学といった基礎医学の知識がどれだけ身に付いているかがカギとなります。入学直後より、基礎固めのための効果的なノートづくりの指導を徹底しています。また後期には実力試験を通し、早期から苦手分野の克服を目指します。

2年次

 2年次の専門科目では、実際の患者さんを想定した学習が大切となります。そのため問題解決型学習(PBL)や客観的臨床能力試験(OSCE)を授業に取り入れています。また実技試験後には個別のフィードバックに力を入れ、知識と技術の定着を図っています。

3年次

 臨床実習終了後の国家試験対策合宿や、専任教員と外来講師による質の高い国家試験対策授業を実施しています。その後、模擬試験の結果をもとにして苦手分野を洗い出し、弱点の克服を徹底していきます。教員のきめ細かな対応が可能となるよう、学習形態は少人数のグループ制をとり、一人ひとりのレベルに合った個人指導に力を入れています。

▲Top

卒業生の声

理学療法士
既卒者
理学療法士になるまで
  • 4年制大学卒業
  • 旅行会社に勤務、退職
  • 専門学校柳川リハビリテーション学院 理学療法学科 入学、卒業
  • 理学療法士として、地方独立行政法人 大牟田市立病院勤務

大学では歴史学を学び、卒業後は登山を専門とする旅行会社に7年ほど勤務をしていました。大変やりがいはありましたが、ガイドとして山を登るため、出張が長期にわたることが多く、特に海外の場合は、何日も地上と連絡が取れないような状況になります。そんな中、親の体調の心配もあり、地元に戻る事を決めました。地元で就職を考えると、選択肢として考えられたのが病院でした。登山をする中でケガをする事も多く、人間の身体や呼吸器に興味が湧き、理学療法士の資格取得を決めました。

柳リハ学院を選んだ大きな理由は、リハビリの養成校の中で他校に比べ特に学費が安かった点。そして、オープンキャンパスで話しをして、教員が研究活動にも熱心だったためです。入学後も、実習先の一つがある大学病院で、そちらの指導者の方の研究に対する姿勢に影響を受けました。その時の経験が自分の理学療法士としての原点になった気もします。

既卒者 患者さんのために、他の医師や看護師など他の医療職と一緒になって治療に取り組むことにやりがいを感じます。また、休日を計画通りに取得できますので、仕事も私生活も1年の計画を見通すことができるのも有難いです。

▲Top

就職実績&データ

就職率 (新卒のみ)

平成2年開校以来、就職希望者の就職率は100

卒業生の主な就職先

【福岡県】
ひさしたかし整形外科クリニック、医療法人オアシス 福岡志恩病院、医療法人薫陽会 くろつち整形外科クリニック、医療法人かぶとやま会 久留米リハビリテーション病院、医療法人康整会 黒田整形外科医院、医療法人静光園 白川病院 通所リハビリテーションまごころ、医療法人白壽会 安本病院、医療法人 角整形外科医院、医療法人布仁会 介護老人保健施設 ヴィラくしはら、医療法人久美愛福岡 耳納高原病院、医療法人弘恵会 ヨコクラ病院、医療法人福寿会 介護老人保健施設 ハッピーランド、医療法人柳育会 八女リハビリ病院、医療法人社団久瑛会 高良台リハビリテーション病院、医療法人社団慶仁会 川﨑病院、医療法人社団高邦会 高木病院、医療法人社団高邦会 柳川リハビリテーション病院、医療法人社団高邦会 柳川療育センター、医療法人社団俊聖会 甘木中央病院、医療法人社団誠和会 牟田病院、医療法人社団響会 介護老人保健施設 エバーグリーン、医療法人社団法人医王会 朝倉健生病院、江本ニーアンドスポーツクリニック、久留米大学病院、国立病院機構九州ブロック、社会医療法人栄光会 栄光病院、社会医療法人雪の聖母会 聖マリア病院、社会福祉法人甘木山学園 介護老人保健施設 サンファミリー、社会福祉法人景福会 特別養護老人ホーム 唐孔雀園、社会福祉法人城島福祉会 介護老人福祉施設 ふれあいの園、社会福祉法人東翔会 高齢者総合ケアセンター サンフレンズ、特定医療法人幸明会 介護老人保健施設 寿苑、福岡県済生会大牟田病院、医療法人原鶴温泉病院
【佐賀県】
医療法人啓心会 啓心会病院、医療法人如春窩会 介護老人保健施設 レストピア、医療法人信愛整形外科医院、医療法人智仁会 佐賀リハビリテーション病院、医療法人福翔会 福岡病院、医療法人竜門堂 大野病院、橋本病院
【大分県】
医療法人明石会 曽根病院、医療法人玄々堂 玄々堂高田病院、医療法人利光会 五反田胃腸科外科病院
【熊本県】
社会福祉法人熊本東翔会 総合ケアセンター たいめい苑、特定医療法人杏林会 鴻江病院
【鹿児島県】
医療法人クオラ クオラリハビリテーション病院
【広島県】
医療法人エム・エム会 マッターホルンリハビリテーション病院、医療法人社団飛翔会 寛田クリニック、社会福祉法人三篠会 鈴が峰
【徳島県】
医療法人きたじま倚山会 きたじま田岡病院
【大阪府】
医療法人弘善会 矢木脳神経外科病院
【京都府】
医療法人同仁会 京都九条病院、医療法人社団育生会 久野病院
【滋賀県】
一般財団法人近江愛隣会 今津病院
【静岡県】
国際医療福祉大学熱海病院
【東京都】
医療法人社団慶泉会 町田慶泉病院

▲Top

おすすめ授業紹介

人体構造機能学

ph骨の各部の名称、特徴、並び方を3次元的に学習し、基礎を固めていきます。骨標本をじっくり観察しながらスケッチを行い徹底的に覚えていきます。最後は口頭試問で確認します。

解剖学演習

この授業では関節の動く範囲(関節可動域)を正確に測定できることを目標とします。しっかりと関節の構造を理解した後、角度計(ゴニオメーター)を当てる骨の指標を体表から確認しながら、関節可動域検査の修得につなげます。実技中心の内容になっています。


運動療法学

ph理学療法の中核をなす運動療法の基本的な知識・技術を学びます。座学で基本的な知識を学習した後は、学生同士ペアを組み、患者役、セラピスト役になり実技の練習をじっくりと行います。

理学療法診断学I

ph理学療法を行ううえで重要な筋力検査の方法(徒手筋力検査法)を実技を通して学びます。学生間で筋の位置、走行を確認し、各筋群の筋力を測定できることを目標にします。