言語聴覚学科

言語聴覚学科

言語聴覚学科

定員:40名 修業年限:3年

取得可能な資格/称号
  • 言語聴覚士(国家試験受験資格)
  • 専門士(医療課程)

学びのポイント

POIINT01
理学療法・作業療法学科との連携した「チーム医療」の学び
POIINT02
言語聴覚士になるために各領域のスペシャリストから学べる
POIINT03
地域ボランティアへの参加
POIINT04
学科開設20年以上の強みと3年間で言語聴覚士をめざせる数少ない環境

言語聴覚士とは

ことばやきこえの障害、飲み込みの障害を持つ人や、ことばの表出や理解につまずきを示す子どもに検査・評価・訓練・指導を行う言語聴覚士は、1997年に国家資格化された専門職です。医学、言語学、音声学、心理学など様々な分野にわたる豊かな知識が求められます。病院などの医療機関、障害児・者施設、教育機関など活躍の場は大きく広がっています。

言語聴覚士が活躍する場

  • 病院、診療所などの医療機関
  • 介護老人保健施設などの介護関連施設
  • 訪問リハビリテーションなどの在宅サービス事業所
  • 医療型、福祉型児童発達支援センター
  • 保健所などの行政機関  など

学びの流れ

1年次

基礎・臨床医学や心理学・言語学など言語聴覚学の専門基礎科目を中心に学修を進めます。

修学分野:[基礎分野][専門基礎分野][専門分野] [選択必修分野]

2年次

言語聴覚の各種障害域別の専門科目(失語症学、言語発達障害学、構音障害学、聴覚障害学など)を座学と演習で学びます。2年次の最後には、病院等で3週間の評価学演習を行います。

修学分野:[基礎分野][専門基礎分野][専門分野][選択必修分野(評価実習も含む)]

3年次

臨床実習を12週(6週×2施設)行うことで、言語聴覚士としての臨床能力を育てます。
また国家試験合格に向け、国試対策授業や模擬試験、国試対策合宿を行い実力を高めます。

修学分野:[基礎分野][専門基礎分野][専門分野(臨床実習も含む)][選択必修分野]

授業をピックアップ‼

拡大・代替
コミュニケーション学3年次前期

話し言葉によるコミュニケーションが難しい人の、話し言葉以外のコミュニケーション方法を学ぶ科目です。道具を使う方法を学ぶ授業では、道具の作成も行います。

言語発達障学2年次前期

言葉の遅れがある子どもを理解するために、言語発達障害の基礎を学ぶ科目です。授業では支援のシステム、実際に訓練・支援する時に用いる道具やその使い方についても学びます。

言語聴覚学科 カリキュラム

実習

西日本有数の規模を誇るリハビリテーション専門病院の「柳川リハビリテーション病院」や、介護老人保健施設、在宅サービス事業所等のグループ施設と学院が一体化。実際の臨床現場をキャンパスに「生きた教育」を実践します。

取得できる資格

言語聴覚士国家試験受験資格

より臨床に近い環境下において、国家試験合格に向けた教育内容と卒業後、即戦力になるための実践力を3年間で修得できます。

就職支援

徹底的な個別指導と1年次から行われるキャリア支援プログラム、学院内で開催する、病院・施設人事担当者を招いての就職説明会など万全の就職対策で第一希望の就職先への就職をめざします。

就職実績

開校以来就職率100%。九州を中心とした全国様々な地域で、本学院の卒業生が臨床の現場で活躍中。

先輩からのメッセージ

松本 緋奈さん

松本 緋奈さん
佐賀県
伊万里高等学校出身 2年

先生方が本当にやさしく熱心です!

オープンキャンパスに参加した際、学校の雰囲気が好きだと思ったのと、先輩方や先生方がとてもやさしく言語聴覚士に対しての熱意が伝わってきました。クラス制だからみんなと仲良くなれて勉強を教え合えるし、先生方が本当にやさしく熱心です。勉強面ではきついこともありますが、クラスのみんながいれば本当に頑張れるし、やさしい先生方や先輩方が親身になってアドバイスしてくれます。

蓮尾 将崇さん

蓮尾 将崇さん
熊本県
有明高等学校出身 3年

食べることや飲み込みの障害も言語聴覚士のリハビリって知りませんでした!

言語聴覚士の仕事の領域で言葉や聴こえの障害以外に食べることや飲み込むことの障害を持った患者さんにもリハビリの支援ができることを知り言語聴覚士により興味が湧きました。食べることや飲み込むことは生きる上で必要なことなのでそこで困っている方の支えになれる言語聴覚士に魅力を感じています。

小丸 愛陽さん

小丸 愛陽さん
鹿児島県
大口高等学校出身 3年

寮費の安い学生寮が学校の近くにあるので安心して生活できます!

私は鹿児島県出身だったので、県外への学校の進学が不安でした。中でも初めての一人暮らしができるかどうかが不安に感じていましたが、本学院の学生寮で生活しているので、寮 の負担も少なく、学校から近いため快適に生活できています。また、遠方出身の友だちも多くいるので、一緒にご飯を作ったり買い物に行ったりと、協力し合いながら生活できています!!

多彩なフィールドで卒業生が活躍しています

林田 圭夏さん

林田 圭夏さん

林田 圭夏さん
言語聴覚士4年目
柳川療育センター勤務
患者様一人ひとりとリハビリを通してできなかったことができる喜びや、また、できないときの挑戦などを同じ空間で共有することが私自身にとっての成長のきっかけになっています。患者様は好きなもの・特徴・育ってきた環境など、全く同じ方はいません。その中で、患者様1人ひとりと向き合いリハビリの中身や声かけなど、その方に合った支援を考えるのは難しいことですが、患者様の少しの変化も見逃さずに寄り添う気持ちで日々のリハビリに取り組んでいます。

林田 圭夏さん

井出 伸哉さん

福山 聡一郎さん

井出 伸哉さん
言語聴覚士5年目
柳川リハビリテーション病院勤務
初めは出来ないと落ち込んでいた患者さんが、元気に家に帰れるようになったり、経鼻・経管チューブが入っていた患者さんが自力で食事を3食食べられるようになることが非常に嬉しいしやりがいを感じます。患者さん一人ひとりにあったリハビリを計画・立案し、患者さんと同じゴールを見ながらリハビリをしていくことやしっかりと説明することには本当に気をつかいます。言語聴覚士は色々な年代の方々と多く話をすることになりますので色々な経験をし、たくさんの人と話をしておくと良いと思います。

井出 伸哉さん